エッチできるアプリを利用している男性の特徴

エッチできるアプリを利用している男性の特徴は、特に何もありません。
エッチできるアプリを利用しているのだから、セックスが大好きでチャラいとか、性欲が強いなんて思っている人もいるかもしれません。
ですが実際に利用している人は、ごく普通の一般男性と何も違いはないのです。

それはそうですよね。
そもそもセックスがしたいという気持ち自体は、誰でも持っているものです。
ただそれが日常生活の中で、発散出来ないからこそ、エッチできるアプリを利用しています。

そして日常生活で、発散出来ない人なんていくらでも存在します。
恋人がいない人、恋人がいても身体の相性が良くない人、カミングアウトしづらい性癖がある人、既婚者で割り切ったセックスをしたい人、セックスにお金をかけたくない人・・・など挙げればキリがありません。

エッチできるアプリを利用しているからといって特別な事ではなく、単純に利便性の高いツールを利用しているだけです。
なのでエッチできるアプリを利用している女性も、エッチできるアプリを利用している男性を必要以上に警戒する必要はないと言えます。

ただ気を付けたいのは、ごく一部の常識が通用しない人の存在です。
単純にセックスだけでは満足出来ず、女性に対してひどい事をしようと企んでいる人の存在だけは注意しないといけません。

メッセージの注意点

エッチできるアプリでは、プロフィールに一言メッセージを書けるサイトも数多く存在しています。
この一言メッセージで、何を書けばいいのか迷う人もいるかもしれません。
ですが、中にはマイナスの印象を与えるような内容を書いている人も少なくありません。

男性に多いのは、「誰でもいいからセフレになってくれる人募集」もしくは「デブとブスはお断り」という内容です。
誰でもいいと書く事で、ストライクゾーンが広いからみんなどんどんメールをして欲しい。
書いた本人はそう思って書いているのかもしれません。

ですがそれを見た方は、誰でもいいのなら自分ではなくてもいい、そう思うはずです。
なぜかというと、いくら恋愛感情がないとしても、特別感はあった方が嬉しいに決まっています。
たくさんの女性が登録している中で、自分が選ばれたと感じたいのです。
だから仮に誰でもいいからセックスしたいというのが、本音だったとしても、それを相手の女性に言うのは失礼です。

そして誰でもいいがダメなら、どんな人はお断りなのか明記しておこう。
そんなふうにデブとブスはお断りと書いたのかもしれません。
ですがこれは全ての女性を敵に回す書き方です。

確かにデブとブスはあなたにメールを送ってきませんが、デブとブス以外の女性もそれを見てメールを送ろうとは思いません。
女性に対して上から目線で、何様なんだと反感を買ってしまうからです。
なので一言メッセージは本音を書けばいいという訳ではなく、マイナスのイメージにならずプラスのイメージになるように考えて書きましょう。

セフレはメールマメでなくても作れる

恋人同士だとメールマメの人の方がモテます。
それは恋人同士の場合は、メールを用事がある時だけ送ればいいという訳ではないからです。
おはようから始まっておやすみまでの間に、日々の何でもない事でも雑談します。

メールの内容が重要なのではなく、コミュニケーションする姿勢が重要なのです。
いつもあなたの事を気にかけている、あなたのためにプライベートな時間を費やす事は苦ではない。
そんな意味合いがメールには含まれているのです。

ですが中には、メール下手な人がいますよね。
メールに何を書いたらいいのか分からない、1日に何通もメールを送りあうなんて面倒くさい。
彼女からメールの返信が遅いとか、LINEが既読になっても返信がないなどと怒られてしまうタイプです。

そんな事が続けば、恋人を作る事自体が面倒、仕事で忙しいのに用事もないのにメールなんて打てないと思うようになるわけです。
恋人であれば、いつも気にかけている事をアピールする必要がありますが、セフレの場合はいりません。

しばらく連絡をしなくても、セックスをしたい時だけ連絡を入れます。
相手もそういう対応をされても別に怒りません。
セフレ関係では、割り切った関係で恋愛をしている訳ではないので、それで十分なのです。
なのでセフレを作るのに、メールのマメさは必要ありません。